RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
スーパースター沢田研二
最近沢田研二さんのオリジナルアルバムが復刻CD化されて計10万枚売れている
と聞いた。なんかうれしい。そして今度はファンからの要望でベスト盤「ロイヤル
ストレートフラッシュ」シリーズが復刻されるそうな。またまたうれしい。

CDが売れないと言われて久しく、また企画力不足が叫ばれている業界にあって、
昔の曲をカバーすることは必然であって今や全く珍しくはないけれど沢田研二さん
の場合はオリジナルの強さを証明する存在となると思う。この人の場合はまねが
できないのではないかと思う。

「スター」というニックネームはよく錦野(旦)さんにつけられているが、スーパ
ースターというと今でも私は沢田さんを思い出す。歌番組が今よりもっとにぎ
やかだった時代、この人ほど新曲が待ち遠しい人はいなかった。

70年代にビジュアルをあれほど思い切り意識した人はなかった。
存在感は圧倒的でオーラの強さでいえば対抗は山口百恵さんぐらいだと思う。
ビジュアル面に限っていえばピンクレディーにも対抗しえた唯一の存在だった。

パラシュートを背負って歌った人っていただろうか。
バーボン片手に飲みながら歌った人はいただろうか。
ナイフ片手に上半身裸で禁止命令がだされた人はいただろうか。
しかも自分のライブとかじゃなくて普通のテレビの歌番組で。
ヘアヌードでさえ珍しくない今と違ってちょっとしたベッドシーンでさえ話題
になっていたあの頃にである。
こういう人が時代を切り開いてきたんだなと痛感してしまう。

沢田さんは俳優としても強烈な存在を示している。スーパースターときくとさぞや
かっこいい役が多かったかと思いきや、この人は犯人役とか悪役で強烈な印象
を残している。特に1975年に3億人犯人の役を演じた「悪魔のようなあいつ」の
札束を敷き詰めた上で寝転ぶシーンは今でもドラマ史上の名シーンだだといわれ
ている。

今のように情報がとびかう事なくスターに夢をはせた時代の最後のスーバースタ
ーとして今もその鮮烈さは色あせない。
author:funstyle, category:音楽, 12:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
EXILE HIROの運
昨日昼、「徹子の部屋」をたまたま見ていたら、EXILEのリーダー、HIROが
ゲストにきていた。

ZOO時代にいきなりのビッグヒットを飛ばし、(Choo-Choo-Trainのこと)
「一番若くて勢いで中に浮いた感じだった。」ところから挫折し、ある出会い
によって、EXILEに至ったことを話していた。

驚いたのがエイベックスの現社長・松浦氏と高校時代に貸しレコード屋の店長
をしていた松浦氏に会っていたことだ。何という縁だろうか。
成功する人には運もついてくるというが、不思議なものだ。
しかもHIROは松浦氏がエイベックスに入っている事を知らなかったのだとか。

「ZOOの勢いで自分のやりたいことができると思っていたが全く違った。離れて
初めて守られているのがよくわかった。いろいろ試行錯誤を繰り返している時
松浦さんに話を聞いてもらえる機会をいただいた。それが今のはじまり。」

これは一般企業でもよくある。自分の腕を買っていてくれてたと思った得意先
が自分が一人になった途端、見向きもしない。権力とブランドに守られている
ことをしみじみ感じるときだ。

松浦氏はHIROに「お前らのやりたいことを実現したいんだったら、自分で事務
所つくって0からやるべきだろう。」と助言し、HIROは今、株式会社LDHの
代表取締役社長、五十嵐広行として経営もしている。

これも業界では異例だろう。新人がいきなり事務所を持って自分でマネジメント
して活動してゆく。そのしくみについて完全なタテ社会と言われる芸能界にあっ
て簡単なことでは決してない。各メンバーはEXILEの他にもユニットを組んでい
たりするので大変だと思う。

一般社会にたとえればEXILEは完全なベンチャー企業だ。今までは単純に音楽面
だけをさらっと聞いていただけだったが、これからどうなってゆくのか、別の意味で関心がもてるようになった気がする。
author:funstyle, category:音楽, 01:22
comments(1), trackbacks(19), pookmark
夏の車内の音楽は
昨日、夏になるとjazzっぽいのを聞くと書いた。
今夜は少しそこらへんをもう少し話そう。
「キャバレー」サントラと同じぐらい古くから聞いているのがシャカタクという
グループの音楽。
適度に軽く、ムーディーで何といってもメロディがいい。
たぶん昔「男女七人秋物語」というさんまさんがでていた大ヒットドラマを
見ていた人、あるいはレンタルとかで観たことがある人は自然と聞いている。
このドラマの全編に渡って流れていたのがシャカタクの音楽だったから。

ボーカルものだと阿川泰子さんの「ナイトライン」。確か1980年代にリリース
したアルバムだけどこれも今でも夏になるとよく聞く。ビートの利いたタイトル
チューンをはじめとして全体的にJAZZYとPOPの間をゆく聞きやすいナンバーが
多いのだが、JAZZのテイストがさりげなく妖艶さを感じさせる。

そしてもう一枚、昨年hiroがCoco D'orの名前でスタンダードジャズを全編英語
でリリースした。これもお気に入りの一枚。SPEEDでデビューして9年目にだした
このボーカルを聞いていると見事にはまっているのが聞いて取れる。

これら3枚もたぶんずっと聞き続けると思う。私は普段はもっぱらJ-POPが多いの
だけれど車の中となると何かこういうサントラとかインストものを聞いたりしちゃ
うんですよね。運転していると風景が流れてゆくので特に夜は雰囲気に浸ってBGM的な要素を必然的に求めているのかもしれません。
サントラっていうのは車で聞くといい感じだと勝手に思っています。
ているのかも知れませんね。
author:funstyle, category:音楽, 01:31
comments(0), trackbacks(0), pookmark
夏の夜には銃声が鳴り響く
昨日ここで「ビーチボーイズ」のサントラを車で聞いてると書いたけれどそれは
もっぱら昼間の話で夕方以降日が沈んでくるともっとジャズっぽいインストゥル
メントアルバムを聞きたくなって、J-POPの合間に聞いたりしている。

本格的ジャズは私もあまり知らなくて、ジャズっぽい雰囲気のものなのだ。
その中でも映画「キャバレー」のサウンドトラックは一番古い定番となっている。
これはハリウッドの名画ではなくて1985年の角川映画10周年で当時の角川映画
オールスターが出演した方のもの。

このサウンドトラックにはメインチューンとして名曲「レフト・アローン」が
収められている。マリーンが歌うボーカル入りのものとインストゥルメンタル
版の2曲の計3パターンがあるのだが、私が格別に思うのは1曲目にエントリー
されている「レフト・アローン」。

ピアノソロから始まってサックスがうなりをあげる冒頭からのメロディーはいっ
しょなのだが、このイントロとサックスの間に銃声がはいっているのだ。
しかもドキューーーーーン。」という大音量で鳴り響くものでこれに続くサックスの音がものすごくカッコよく響いて感じられる。

夏の夜に聞くとほんとにはまると思う。車の窓を開けて聞いていると信号待ちなん
かのタイミングでこれがなった時などは歩く人や隣の車のドライバーから思わずこちらを見たれてしまう。

これはもう廃盤となっているだろうから共感してくれる人はごくわずかだと思うが、聞けば私の言っていることがわかってもらえると思う。
ほんとにシビれるオープニングチューンなのだ。
author:funstyle, category:音楽, 01:19
comments(0), trackbacks(1), pookmark
モーニング娘。はどこへ行く?
JUGEMが無料登録を復活したということを知り、かねてからここのサービス
内容がすごいと思っていた私は早速、登録、今日からJUGEMブログスタート
だ。テレビと映画を観るのが好きな私はこれをテーマの中心におこうと思った。

今日は仕事も速く終わり、7時過ぎに家についた私は着替え終わると早速
テレビのリモコンのスイッチを押した。すると、ネプリーグな番組が写り、
そこに元モーニング娘。の矢口真里がいた。先日例のない脱退をした
彼女はモー娘。時代と変わらぬ元気娘だった事に安心し、同時に今後のモー
娘。はどうなるかと不安がよぎった。矢口はこうしてバラエテイでそこそこ
やっていくのだろう。よけいなお世話だが、彼女は大丈夫と信じたい。

初期モー娘。のファンだった私は安倍なつみと辻・加護の2人が抜けると発表
されたとき、「つんくはもう解散を意識しているな。」と直感的に思った。
この脱退の発表があった2003年のモー娘。のシングルは一枚も売上20万
枚を超えていない。まさに旬は去ったと思った。この年の年間1位はぶっちぎ
りの「世界にひとつだけの花」で220万枚。スマップはまさに11倍以上上
をいっているわけだ。モー娘。のビジネスは非常に厳しい。

今年に入り、飯田が抜け、石川が去り、今や吉澤ひとみを除けば5期・6期の
メンバーしかいない。弱い、弱すぎる。かつてソロとして人気を博した藤本
美樹も当時の輝きはなく、ミキティーの称号はアイススケートの安藤美姫に
完全に奪われている。12歳の新星・久住小春はパット見それなりのオーラを
感じることができる。これが救いか。

お笑いビン芸人・だいたひかるが
「私だけでしょうか?今のモー娘。ならば私でも入れそうな気がする。」と
言っていたが意外にしゃれになっていない。と思うのは私だけだろうか。

author:funstyle, category:音楽, 00:33
comments(1), trackbacks(1), pookmark