RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
「ベオウルフ」にはあまり残るものがない
おそらくお正月向け映画の先頭を切って、公開されたということもあるだろう。相当なコマーシャルをしていたものと思う。が、それ相応のものがそなわっているかは少し疑問の映画である。レイ・ウィンストン、アンソニー・ホプキンス、アンジェリーナ・ジョリーと役者はそろっている。だから期待しないわけがない。その期待の大きさのわりには・・・ちょっとという印象だった。物語の底が浅いという印象なのである。
わけもなく、怪物が現れて勇者がそれを倒す。彼がこの物語の主人公・ベオウルフなわけだで、その英雄伝という映画だろう。

しかし、「何で?」っていう場面がちょくちょくある。あとあとになってだんだんそれはわかってくるのだが、いろいろな出来事が起こるその瞬間にはつかみづらい。

アンジェリーナ・ジョリーが怪物の母親役なんだけれど、あの美貌からどうしてあんな怪物が、しかもどうやって生まれるんだろうか。まぁ、ほんの少しだけだが、その真の姿が写るのだけれど、その美貌をまとってどうして歴代の王を誘惑し続けるのか?
なんて思っているうちに最後の大活劇になって、思わせぶりな最後を見せて映画は終わるのだけれど、すごい迫力があるシーンなのに何か作り物感がありありなせいか、今ひとつ緊迫感がないまま見てしまった。

海からあがってくるアンジェリーナ・ジョリーなんかはCGの処理があまいのか、いかにもCGで作ってますというものが映像でみてとれてしまう。これだったら10年前の「タイタニック」の海のCGのほうがよっぽどリアリティがある。10年の間に飛躍的に技術も機械の性能も上がっているはずだが・・・。

楽しめないわけではない。が、しかし、いくら冒険活劇といっても突拍子もないものがつづけておきてはついていけなくなってしまう部分があることも明らか。そういう深みをこの映画には求めてはいけないのかもしれない。
author:funstyle, category:映画, 18:52
comments(0), trackbacks(1), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:52
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://funstyle.jugem.jp/trackback/384
杏さゆり「クビレ」よりも「ハミ乳」目立つ本物映像!!(お宝画像アリ)
「クビレ」が武器の杏さゆりちゃん(24)グラビアアイドルから女優・タレントとしても活躍中!現在はKDDIのCMに篠原涼子と共演して、髪型も心機一転!?ちょっとした話題♪
杏さゆり「クビレ」よりも「ハミ乳」目立つ本物映像!!(お宝画像アリ), 2007/12/23 4:06 PM