RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
「ボーン・アルティメイタム」は本年最高のアクション
この映画について語るとき、プレスの紹介記事において、プロレスラーでもあり、俳優としても活躍するザ・ロックのセリフがよく載せられている。「俺はもうアクション映画に出る気がしない。ボーン・アルティメイタムのマット・デイモンのを観たなら、そう思っていることに不思議は感じない。あれを超えるのは無理だ。」というものである。

そんな前評や、周りでシリーズ最終にして最高作といわれているのを気にしつつ、観たのだが、まぁ、確かにすごいこと、マット・デイモンって、ほんと、こんなにすごかったんだなとうなってしまった。

一部、スタントマンを使っているのは確かだが、できうる限りの事はやっているし、スタッフが止めなければオール自己出演となっていただろうというあたりには肉体はアクションとしては最高の部類に入る。

こうしたスパイ・アクションものは得てしてその特殊な武器が注目されたりするのだけれど、自分の記憶がはっきりしないまま、とにかう追いかけられて逃げて、という設定のため、ひたすら肉体を使ってのアクションが中心であり、それがひたすら緊迫感を生む。
監督はこのあたりの演出・緊迫感の創出にブルース・リーを参考にしたといっている。
確かに空手アクションばりの部分は大いにうなづけることが多い。

車の激しい追撃線もあるのだけれど、これまたすごい。一人二人新でもいいような展開で、今年公開された中では「ダイ・ハード4.0」に匹敵すると思う。いや、あちらのはそんなに長いことカーアクションはないから、時間の長さだけ観てもこちらの方が、上だ
ろう。

最後の終わり方に少し賛否両論あるようだが、これはこれでいいと思う。もしかしたら
また続編があるのかもという事を似終わるのはアメリカ映画は得意だし、記憶が戻ってひと段落ついたあとでもこれだけの男を回りがほうっておくだろうか。その強さゆえにいろいろな出来事に巻き込まれていくということも考えられる。

とにもかくにも楽しめる1本。観て全く損をしないというのはやはりいいものである。
author:funstyle, category:映画, 18:11
comments(0), trackbacks(2), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:11
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://funstyle.jugem.jp/trackback/380
10000円引き! いつまで危険なシステムトレードを続けるつもりですか? 唯一無二の本当の投資法 【ナポレオンFX投資法】
いつまで危険なシステムトレードを続けるつもりですか? 唯一無二の本当の投資法 【ナポレオンFX投資法】定価35000円⇒25000円10000円のキャッシュバック!※キャシュバック対象 : 購入者全員■商品情報(評価&レビュー)システムトレードとは、特定のシグナルを
FX奇跡, 2007/12/10 6:22 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
-, 2007/12/10 6:31 PM