RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
「自虐の詩」とは愛の変則系
堤監督に阿部寛。もう名コンビといっていいだろう。堤ワールドにちょっといそうでいない人を演じたら今、天下一品という阿部さんのからみ。それだけで不思議空間の出来上がりである。

今回はもう汚れも何のそのという境地までいった中谷美紀さんが加わってパワーアップ。中谷さんにしてみれが、「嫌われ松子の一生」、「7月24日通りのクリスマス」に続く汚れ役で、もしかしたら、後に中谷美紀の汚れ3部作なんて形容されるかもしれない。

パンチパーの阿部さんが、卓袱台をひっくり返す。このシーン自体がもう異空間。卓袱台をひっくり返すといえばアニメ・巨人の星の星一徹が思い浮かぶがあの人は1回しかひっくり返していない。それをこの人は4回(5回だったかも)ひっくりかえすのだ。
そしてこの人、しゃべらない。映画が始まって30分ぐらいしゃべらない。

中谷さん演じる主人公・幸江については映画の3分の1ぐらいの時間を高校時代のシーンにあてていて、自虐の原点を描いている。

元々は幸江の方が立場が上で、それにヒモのように離れずにいたイサオ(阿部寛)がどこでどういう風にして立場が逆転したのか、そこは描かれていないのだけれど、ちょっとその辺を描いてほしかった機がする。とはいえ、二人の異空間は不思議なつながりをもっていて離れない。周りからしたら、何であんな男と、と思うのが普通だが、そこは男と女、2人にしかわからない世界。それでいいのだ。

今時、ありえないだろうっていう、幸江の風俗嬢時代のファッション。フリルのついた傘にドピングのひらひらファッション。最近、映像界で流行の昭和30年代の物語かと思ったら最近の事だったと死ってびっくり。
2人の縁を象徴するものとして愛の5円玉があるのだけれど、アップで移されたそれには平成20年と書かれているのだ。つまり、来年!。

映像としてはちょっと断片的だけれど、それは原作が4コマ漫画という拝啓もあるのだろう。とにかく汚れのオンパレード。でも最後にハッピーが待っている。それが究極の救い。まさに「自虐の詩」。
author:funstyle, category:映画, 18:57
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:57
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://funstyle.jugem.jp/trackback/374