RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
本田美奈子さんを照らす名曲「WISH」
日本テレビの24時間テレビは第1回からのコンセプト「愛は地球を救う」を引き継いで世界各地の障害者たちを応援することが根幹となっている。そのテーマ曲「サライ」やマラソンシーンのバックやそれを応援する歌としてZARDの「負けないで」がよく謳われているのはもう周知の事実だ。

24時間テレビは午後9時に終わったが、その54分後、1人の病に倒れたシンガーを応援する歌がテレビ東京の「ソロモンの秘宝」の中で披露された。この番組は各方面で活躍するアーティストたちひとりひとりにズームインしてゆくプログラムだ。今回のターゲットは作曲・編曲家である井上濫氏。井上氏が妹のようにかわいがりレコーディングにたちあったのが昨年11月に亡くなった本田美奈子さんだった。

彼女の病気との戦いを追ったドキュメントは昨年すでに放送された。(このプログラムも本田さんが病気を克服して復活して放送する予定のものだった。)この中で彼女を応援ソングとして極秘に彼女に送られた曲が井上氏の作曲した「WISH」だった。

だがそのドキュメントで披露されたとき、つまりは本田さんに送られたものには歌詞がなかった。当時、福山雅治さんのツアーに帯同していた井上氏が本田さんのために書いた曲で彼女のソプラノの音域を生かすような曲になっていた。彼女が病気になってしまったため、急遽ツアーメンバーに呼びかけ、福山さんもこれに賛同して、その曲をテープに吹き込み本田さんに贈っている。だが、歌詞の部分は全て「ラララ・・・」とづづられていた。

今回これが当時のメンバーにより(歌は当然福山雅治さんで)歌詞を伴って披露された。
この「WISH」という曲を改めて聴いて「サライ」や「負けないで」に負けない暖かな曲であると確信した。作曲した井上氏は「この曲が誰もがいいと思えてずっと歌われづ付けられるような曲に育っていって欲しい」と語っていたが、十分にそう思える曲と思えた。

本田美奈子さんがなくなったのは今だもって悲しい事実だが、この歌が聞きづがれるならば彼女の存在は永遠に語り継がれるだろう。天国にいる本人も微笑んでいるに違いない。
それは名曲「イマジン」と共に語りづがれるジョン・レノン伝説のようになるだろう。
志半ばで倒れていってしまった本田美奈子さんの改めてご冥福をお祈りしたい。
author:funstyle, category:バラエティ, 00:58
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 00:58
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://funstyle.jugem.jp/trackback/213