RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
安全地帯の哀愁メロディー
ついに12月を迎えた。今年も早かった。毎年思う事だが、12月はこれまたあっけないほど早く通り過ぎ、あっという間に正月になっている。
多分今年もそうだろう。

冬になると私はどの季節よりも定番の音楽を聞くことが多いことに気づかされる。
オフ・コースから小田和正さん、浜田省吾さんのバラードや辛島美登里さんらの
ベストを自分のCDストックから引っ張り出してくると「あぁ、冬だな。」といつも感じている。

中でも安全地帯の曲はもう20年近く、聞き続けているが、全くあきない。
今は日本ではあまり活動していないけれど香港では今だに大人気でコンサートなどは大盛況らしい。

玉置浩二さんの独特の歌いまわしと哀愁漂うメロデイーは今でもこれに追いつけそうなミュージシャンは出ていないと私は思っている。たぶん「ワインレッドの心」などは自分が生きてきた中で一番多く聞いた曲なのではと思う。

安全地帯は決して冬を意識した曲が多いわけではないが、秋から冬へと移り行くこの時期が最も似合うのではと勝手に思っている。今は玉置さんはドラマ「あいのうた」でがんばっているが、主題歌もリリースしているし、温かくてしみるメロディーの作り手としてはやはり天下一品だなと感心してしまう。

そういえば10月にSmapの稲垣吾郎さんが主演したスペシャルドラマ「飛鳥へ、そしてまだ見ぬ子へ」のタイトルチューンもこの人の曲だった。

玉置さんにはいつまでもマイペースでいいので音楽活動を続けていただきたい。
バラードならオレンジレンジも山崎まさよしさんもいいし、森山直太郎さんだっている。が、私の中では当分、玉置さんの曲に変われる哀愁のメロディーは当分現れそうにない。
author:funstyle, category:音楽, 01:42
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 01:42
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://funstyle.jugem.jp/trackback/103